外来看護師

外来看護師の求人を探す方法

外来看護師の役割とは?


外来看護師が受け持っている役割について。

外来看護師の主な職務は、診察時の医師の補助です。

医師が診察をしやすいように、患者が衣服を脱ぐのを手伝ったり、腹部を露出させたりします。

また、怪我の治療を受けるために受診した患者の場合には、消毒やガーゼ交換などを行います。

さらに、医師の指示に従って注射を打ったりするのも外来看護師の役割です。

したがって、患者と直接的に接している時間は、医師よりも外来看護師の方がずっと長くなります。

病院によっては、外来受付を事務員ではなく看護師が担当しているところもあります。

そのような場合であれば、受診した患者の面倒を最初から最後までみる役割を担っているのが外来看護師だということになります。

毎日様々な患者が訪れますので、的確な状況判断を瞬時に行える能力が求められます。

 

タグ :    

外来看護師 役割

当サイトのデザインはテンプレート「THE WORLD」です